タトゥーを消すなら中央クリニックで!

タトゥー消すおすすめクリニックランキング

湘南美容外科


テレビCMでも有名な湘南美容外科は全国各地に医院がありますのでおすすめです。
実績数も多く信頼のおけるクリニックでタトゥー・刺青除去を検討してください。
トライアル 1? 7500円((税込))


>>湘南美容外科の公式サイトはこちら<<


中央クリニック


中央クリニックも全国に21院ある美容クリニックです。
タトゥー除去の歴史の長く信頼できるでしょう。
料金例 3cm × 3cm範囲以内のポイントTATTOO(黒) 1回15000円(税抜)


>>中央クリニックの公式サイトはこちら<<



ジョウクリニック


ジョウクリニックは、美容外科が少ない地域にあります。
大阪は珍しくないのですが、松山・高知・姫路・安城などにもあります。


>>ジョウクリニックの公式サイトはこちら<<

 

タトゥー消す!中央クリニックの入れ墨・タトゥー除去の料金システム


入れ墨(刺青)もしくはタトゥーを除去するために、その方面で評判のいい中央クリニックを頼って行く人が大勢います。
ファッションとしてかっこいいと思ったり、海外の有名人などがしているのを見て憧れたり、アウトロー的な魅力を感じたりといった理由で、入れ墨やタトゥーを腕や肩、背中などに入れている人は、最近では結構多くなっているようです。

 

タトゥーを消す痛みと料金はどれくらいなの!レーザーで取り除きます

でも後から冷静になると、他人の視線が厳しかったり、温泉や戦闘、プールなどに入れてもらえなくなったり、仕事を探す時の邪魔になったりと言った理由で、入れたことを後悔する人は思ったよりも多いらしく、できるだけきれいに消したくなって中央クリニックを訪れるというわけです。

 

中央クリニックでの入れ墨・タトゥー除去には、治療の痕が残りにくいというメリットがあるレーザー治療、治療が終わるまでが早い切除法、入っている面積が大きくても除去できるのが特徴の皮膚移植などといったように、色々な種類の方法が用意されています。

 

タトゥーを消す痛みと料金はどれくらいなの!レーザーで取り除きます

そして気になる料金システムについては、それぞれの治療法によって当然違いが生じるのですが、さらに同じ治療法を受けるにしても、基本的に入れ墨・タトゥーが入っている面積が大きければ大きいほど高くなるといったように、サイズによって違いが生じてきます。
この料金システムについては、それぞれのクリニックによって違いがある可能性があるので、まずはカウンセリングの際に聞いておき、はっきりとさせておくことが肝心です。

 

公式ページ

 

入れ墨やタトゥーを入れた人はどれくらい割合で後悔してるか

オシャレやファッションの楽しみ方には色々なものが考えられますが、一般的なやり方としては洋服やアクセサリーにこだわるといったように、自分の体に何かで飾るものです。でも最近では若い人たちの間で、自分自身の体に施すタイプのオシャレとして、入れ墨やタトゥーを入れている人が増えています。
街中で体に大きく入れ墨やタトゥーが入った人を見て、オオっと驚いたことがあるという人も多いんじゃないでしょうか。

 

タトゥーを消す痛みと料金はどれくらいなの!レーザーで取り除きます

入れ墨は刺青とも書かれるもので、何となく和風の彫り物だというイメージが、またタトゥーは逆に洋風の彫り物だというイメージがあるかも知れません。その二つには細かく言うと若干の違いはあるらしいんですが、私たち一般の人間からするとどちらも同じように怖いものみたいに思えて、大差のないものだと言えるでしょう。

 

そんな入れ墨やタトゥーは、一度入れてしまうと消すのはそうそう簡単じゃないというのは、多くの人が知っています。つまり一生それらと付き合っていく覚悟がないと、本当なら入れちゃいけないものだと言えるんですが、後で後悔している人は少なくないみたいです。
あるデータによると、何と半分以上という大きな割合の人たちが、入れたことを後で後悔しちゃってるらしいです。

 

若気の至りで、何となくかっこいいからくらいの軽い気持ちで入れたのはいいけれど、年を取って家族が増えたりして、冷静に自分の体を見た時に、何でこんなのを入れちゃったんだと後悔することは珍しくありません。なのでこれから自分も入れたいと思っている人も、ほんとに一生そのままでいいのかと、冷静に考えてみてはどうでしょう。

 

公式ページ

入れ墨やタトゥーを除去するのは痛いってほんと

入れ墨やタトゥーはお洒落として入れている方が増えてきました。その一方で、就職などの都合で入れた入れ墨やタトゥーを除去することになることも少なくありません。しかし、除去するのにも痛みを伴います。

 

タトゥーを消す痛みと料金はどれくらいなの!レーザーで取り除きます

入れ墨やタトゥーの除去方法は主に「レーザー」と「切除」2つに大別できます。医療用の専用レーザーを使う場合、刺青を徐々に薄くしていきます。傷跡が残らないのがレーザー除去のメリットですが、広範囲を全て消すには長い時間を要します。

 

レーザーを使用中は静電気のようなパチッとした痛覚を覚えますが、彫り方によっては皮膚深く墨が入っていることもあり、それらを全て消すには強い痛みを伴います。加えて、レーザーの施術跡は火傷のような水ぶくれやピリピリ感を伴います。それらが落ち着くまで数日掛かるでしょう。

 

もう1つの切除は彫っている部分を皮膚ごと切り取るものです。広範囲に入れた刺青でも少ない回数で取り除くことができますが、切り取った部分を縫い合わせるので傷跡は必ず残ります。なお、足首など皮膚が薄い部分は縫い合わせることができないので適していません。

 

部位別にレーザーなどと組み合わせる必要があります。ちなみに、最近では刺青が入った部分を削り取る術法も最近注目を集めています。削皮用の剃刀を使うもので、傷跡の痛みがひくまでは時間を要します。
いずれの方法でも術中は麻酔を使いますが、術後の経過に発生する痛みは我慢するしかありません。

入れ墨やタトゥーを除去した人の口コミ

 

 

昔若気の至りでいれた入れ墨とタトゥーをクリニックで除去しました。
ちなみに除去がうまいという口コミがあったからそのクリニックを選びました。
自分の場合は入れ墨などの範囲が広かったので何回かにわけて行いました。
痛みは麻酔があったのでそんなには痛みは感じませんでした。
全て消すのに数か月かかりましたが今はタトゥーなどは残っていません。
でも傷跡はどうしても残ってしまいましたね。
こんなことになるんだったら入れなきゃよかったなと思いました。


 

公式ページ

更新履歴